スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。
この記事がお役に立てたようであれば、クリック願います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

サラリーマン本業に一生懸命になることの効率悪さ

haken
私の同期で外資系のコンサルに勤めている人は年収1,500万円ももらっています。高給取りです。毎日夜遅くまで働いて、2週間に1回くらいしか休めなくて、いつでも最高効率と高い技能(机上の技術ですが)を求められ、クライアントを怖がらせることで仕事を作り出すという感じだそうです。いつ会ってもヘトヘトなんですよね、この人。

また、同じように私のサラリーマン同僚なんかは、毎晩36協定いっぱいまで必要もない残業をし、小銭を稼いでいます。きっと私よりも150万円くらいサラリーマン年収は高いでしょうね。こんな感じの自称高給取りっていっぱいいると思います。転勤も多いですし。…そんな人生、辛くないですか?

例えば年収1,000万円は高給取りのひとつの目安になっていると思いますが、これを今働いている会社だけで実現しようとするからいけないんです。例えば小売業に勤めているあなたが年収1,000万円を今の会社で実現するのはほぼ不可能です。世の中には業種業態と給与相場(かけられる費用)というものがありますので、その壁を突破するのは相当難しいことです。これは比較的高給な銀行業界でも同じです。あと200万円年収を上げるには、今どき昇進するしかありません。それに費やす努力はいかほど必要になることか、わかりますよね。

ところがこれをダブル本業で実現しようとすると200万円くらい、会社で毎日遅くまで残業したり昇進のために転勤しまくるよりもずっと簡単に実現できてしまうのです。もう、比較にならないほど簡単です。しかもサラリーマンでは不可能な節税までできて、自分の(ある程度)思い通りになる社員まで使えて、家族との時間も十分取れるようになって、さらに収入もアップするということが可能なのです。自分の会社を持つことはこれくらい素晴らしいことなのです。 ブログランキングに参加しています。
この記事がお役に立てたようであれば、クリック願います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

兼業ビジネスオーナー

Author:兼業ビジネスオーナー
サラリーマンを続けながら15人の社員を雇用し、2つの会社を経営する兼業ビジネスオーナー。会社売上3億円を突破させ、会社を買収(M&A)・事業再生させるなど、兼業でできるビジネスの限界にチャレンジしています。

私は平凡なサラリーマンです。同時に会社オーナーでもあります。自身の経験を踏まえ、ダブル本業という新しい働き方を提案しています。副業ではなく本業です。収入の超複線化、生活の安定、充実感などさまざまなメリットが得られます。このブログではダブル本業のノウハウを公開します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。